Top >  結婚式 >  ボディメイクで消す

ボディメイクで消す

ボディメイク

背中の開いたウェディングドレスを着る時は、背中が気になると思います。結婚式当日までは、背中・二の腕・顔などのケアは続けた方が良いですが、ドレスから露出する肌をメイクによって綺麗にする方法があります。


ボディメイクと言います。背中やデコルテの毛穴やニキビ跡、日焼けやシミ、傷、アザなどを綺麗にしてくれます。結婚式当日は、メイクによって乗り切ることができます。


ボディメイクの場合は、ウェディングドレスの選択を妥協することなく、気に入ったドレスを選ぶことができます。


顔用のファンデーションでは、ドレスが汚れてしまいます。そのため、ボディメイクでは、特殊なファンデーションを使用しています。


ボディメイクにも綺麗にできる限界があります。例えば、ニキビ跡の凸凹がひどい状態だと、隠しきれないこともあります。また、ニキビなどがあるトラブル肌に対してメイクを行う、肌の状態が悪くなる可能性があります。


ボディメイクは、背中を綺麗にする根本的な解決策ではないです。背中などへのケアは、忘れないようにしてください。


花嫁さんの感想としては、「ボディメイクを行って良かった。」・「すごい肌が綺麗になった。」のうれしいメッセージが多くあります。


その一方で、ショックを受けた花嫁さんの感想もあります。「メイク後の肌が汚かった。」・「結婚式の写真を見て背中が汚いことに驚いた。」といった内容です。


ボディメイクを行う担当者さんの技術と肌の状態によるところが大きいです。対策としては、「信頼のできる担当者さんを探す。」、「ボディメイクだけに頼ろうとせずに、背中を綺麗にしておく」の2つがあります。

         

結婚式

結婚式で背中を気にせずに、ウェディングドレスを着る対策についてなど説明しています。背中を隠すなどの対策をすることで、和らぎます。

関連エントリー

ボディメイクで消す 隠れるウェディングドレス