Top >  原因 >  日焼けと紫外線

日焼けと紫外線

日焼けと紫外線

背中ニキビの原因の1つとして、日焼けがあります。日焼けの要因となる紫外線が原因になります。紫外線に多く当たると、活性要素というものが多く発生します。


活性要素は、皮膚を酸化させる働きがあります。酸化すると肌は老化をします。ニキビの原因となる動きは、活性要素が毛穴に溜まった皮脂を酸化してしまうことです。皮脂が酸化すると、「コメド」になってしまいます。


コメドができると、皮膚の中でニキビ状態になり、背中ニキビになります。コメドは、角栓と言う場合が多いです。角栓は、毛穴に詰まった皮脂や角質が塊のことをいいます。


「日焼けで肌を焼いたら無くなるのでしょうか?」という質問を見たことがあります。日焼けすると逆にダメージが深くなり、色素沈着やシミになります。ニキビは、他の部分の皮膚より弱い肌になっています。


日ごろ、背中が開いている洋服を着る場合は、日焼けに気をつけてください。夏の時は、プールや水着、露出が多い洋服を着る機会が増えると思います。日焼け止めのローションなどを使用した対策を行いましょう。UVケアが大切です。


日焼け止めローション、クリームを塗った場合は、きちんとシャワーなどで洗い流してください。成分が残っていると、ニキビの原因になる可能性があります。成分が毛穴に詰まってしまいます。

         

原因

背中ニキビの原因について記載しています。肌に影響を与える日焼け、乾燥肌についてからストレス、睡眠についてまで記載していきます。汗やシャンプーについては、「治す方法」のカテゴリーを参照してください。

関連エントリー

乾燥肌 日焼けと紫外線