Top2013年06月 »

最新記事【2013年05月31日】

シャンプーと髪の洗い方

背中ニキビができてしまう1つの原因として、「シャンプーの洗い残し」があります。背中を露出した服を着るためにも、原因を1つ1つ消していくことが大切です。


背中には、シャンプーやコンディショナー、トリートメントにより髪を洗って流したものが残りやすいため、ニキビの原因になりやすいです。シャンプーなどの成分が背中の毛穴に詰まってしまうため、ニキビができてしまいます。


治す方法としては、まず、髪の洗い方の改善があります。髪を洗った後に、体を洗うようにすることです。体を髪の後に洗うことで、流しきれなかった成分を除くことができます。


洗う順番を変更することができない人は、お風呂から上がる時は、髪をすすいだ水が背中に残らないよう、十分に流しましょう。お風呂上がりに背中への保湿をするとより良いです。


使用しているシャンプーに問題がある場合もあります。シャンプーの洗い残しが無いように、しっかり洗っているのに、改善しない場合は、シャンプーの成分を気にしてみます。シャンプーの成分が皮膚に刺激を与えている可能性があります。


使用しているシャンプーを変更することで、改善する可能性があります。背中に良いシャンプーを選ぶ2つの条件があります。


 1:刺激の強い石油系の界面活性剤が含まれていない
 2:ノンシリコンシャンプー


例としては、「ハリコシ (HARICOC)」のシャンプーです。このシャンプーは、ノンシリコンで無添加です。

最新記事【2013年05月30日】

隠れるウェディングドレス

一生に一度の結婚式のために、自分に合うウェディングドレスを探す。」という花嫁さんの楽しみだと思います。


そんな中、背中にアトピーの跡があったり、ニキビがあったりと気になるため、妥協して背中の隠れるドレスを探す人もいます。最近の流行は、ビスチェタイプが多いため、探すのも一苦労です。


ビスチェタイプは、デコルテ・背中・肩が露出しているドレスのことです。
流行のビスチェタイプは、バリエーションが非常に多いのですが、
背中の隠れるドレスとなると、選択肢が減ってしまいます。


露出の少ないドレスを見つけるのは、なかなか難しいところがあります。
1つの方法としては、背中の隠れるドレスをオーダーすることです。
着たいデザインが明確になっているのであれば、良いと思います。


オーダーメイドになるため、レンタルドレスよりも価格が高くなってしまいます。
自分に合った、露出の少ないドレスを着るために、検討してみても良いと思います。


妥協をしたくない花嫁さんは、背中を綺麗にすることを行っています。
結婚式のために、背中を綺麗にするケアを二人(新郎・新婦)で頑張ってみましょう。

背中ニキビ 治す方法 - 治し方を間違えないで

[背中ニキビ 治す方法- 治し方を間違えないで]では、結婚式でウェディングドレスを綺麗に着るための対策、治し方についてから背中の大きく開いた水着、ワンピースを着るために背中ニキビを治す方法についてなど記載しています。背中ニキビでは、お風呂の入り方など原因となっている生活習慣があります。ニキビを繰り返さないための保湿についても記載しています。